« 沖縄2日目 | トップページ | 来年こそは・・・でいいんじゃない!? »

言葉の大切さ

071214

金沢の街は、イルミネーションの明かりできれいに装飾されている。
これからクリスマス、年末に向けて多くの人が街に繰り出して賑わうのだろう。

そういう飯山も、今日は所属している金沢市中央倫理法人会の役員会&望年会があった。年を忘れる”忘”年会ではなく、来年に希望を持つ”望”年会と位置づけた。年忘れというと、なんか嫌なことを忘れるというような感じがする。そこで、来年を希望の年として展望を大いに語ろうということで、”望”年会となった。

その言葉通り、参加した皆さんの口からはポジティブな発言ばかりが目立った。

人は、自分が使っている言葉通りの人生になる

だから、ネガティブな言葉ばかり使っている人は、ネガティブな人生になり、ポジティブな言葉ばかり使っている人はポジティブな人生になる。普段使っている言葉どおりの人生になるのだ。言葉は言霊といわれるとおりである。

「できない」
「できるわけがない」
「どうせ~だからやれない」

これらの言葉は、物事を取り組む前からすでにあきらめているという意思表示だ。まずは、”やる”と決めて取り組んでみる(考えてみる)。そうすると脳は、どうすればやれるかという解決策にフォーカスされる。しかし、できないと思っていると、脳はできないことにフォーカスされるので、まず結果を出すことは不可能になる。

脳は、オーダーしたとおりの回答を出してくれる正確無比なコンピューターである。
言葉も同じ。脳は自分の言葉を聞き続けるので、そのとおりの働きをしてくれる。つまりそのとおりの人間をつくりあげてくれるのだ。

皆さんは、自分の脳にどんなオーダーを出しますか?

|

« 沖縄2日目 | トップページ | 来年こそは・・・でいいんじゃない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の大切さ:

« 沖縄2日目 | トップページ | 来年こそは・・・でいいんじゃない!? »