« 起業のセンス | トップページ | 企業文化は日々の姿勢の積み重ね »

成功とはシンプルなもの

成功って何?

成功するとは一体どういうこと?

世に成功するための本は多く出回っているが、いま一つ腑に落ちない。
人生論だったり、哲学的な話だったり。。。

わざと複雑に、わかりづらくしているように勘繰ってしまう。
でも、成功ってもっとシンプルなはず。

辞書では「仕事・計画などがうまくいくこと。目的を達成すること。」と書いてある。

なるほど「うまくいくこと」は成功といえるかもしれない。
しかし、何がどうなったらうまくいったことになるのかが不明確。このままだと成功したかどうか判断がつかない

もう一つ、「目的を達成すること」もやはり成功といえるだろう。
しかし、目的は常に追い求めるものだ。理念、ミッションに近い。これを追い求めるとなると成功までに時間がかってしまう。

強いてあげるならば、目的ではなく「目標を達成すること」というのはどうだろう。

自分の掲げた目標(目で見える標)を達成できた!

これは、成功といえるような気がする。目標達成は成功体験となるからである。
つまり、人によって成功の基準は違うはず。みんながみんな1億円プレーヤーを目指さなくてもいい。お金が基準の人もいれば、人からの評価を基準とする人もいる。自分が納得できる基準でいいんじゃない?

そこで、成功とは『その人が自分の望む結果を得ること』と定義付けてみた。

う~ん、結構シンプルで伝えやすくなったと思っているがいかがでしょうか?

いつもありがとうございます。感謝です。
Banner_03_1

|

« 起業のセンス | トップページ | 企業文化は日々の姿勢の積み重ね »

コメント

分かりやすい定義ですね。
目標達成が成功につながり、その成功の積み重ねが目的達成になるのかな?一つ一つの目標の達成が成功なら、なんだか成功が身近に感じ、ワクワクしますね。

投稿: すがちゃん | 2007年7月31日 (火) 04時21分

そうそう、あくまで自分次第です。
なりたい自分になればOKなんですよ。
「いつまでにこうなっていたい」という目標を達成できれば”成功”だと思います。
あとは、この成功体験をどれだけ積むかで自己基盤が確立され、目的に近づくという感じでしょうか。

目的と目標の違いが明確になっていないとわかりづらいかもしれませんが。。。
すがちゃんは大丈夫ですよね!

投稿: 飯山治郎 | 2007年7月31日 (火) 10時49分

飯山さん、いつもブログ拝見しております。
(「ポチっと」は不義理しておりますが)

言葉の定義って難しいですよね。ちょっと気になったのでコメントします。
(ブログへのコメントは初体験です)

「その人が望む結果を得る事」は確かに「成功」とつながるように思いますが、
そのプロセスにおいて「人を踏み台にしない」とか「ポリシーやマナー、
ルールに違反しない」とか、まず幾つかは条件が付くように思います。

「目標の達成」も簡単なものから長期の壮大な目標をもつ人もいるでしょう。
私も色々な「望み」を持っておりますが、日々変って行くものもあります。
(優柔不断な性格なので。。。)

「一般に」という前提自体がビミョーですが、一昔前の時代は「成功」とは
主に「経済的」な成功を意味したと思います。
勿論、現代でも最も明快な「成功」モデルの1つでしょう。
しかし、現代は価値観が多様化しているので、飯山さんが書かれているように
「自分次第」で良いのかも知れませんが、何か違う気がしています。

「成功」という言葉の定義には、何らかの社会的なメジャメントが必要な
気がするのです。

アインシュタインが言った言葉で
「成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になることだ」
というのがありますが、「成功」は目指すべきものではないのでしょうか。

昨年、村上龍が書いた「人生における成功者の定義と条件」という本を読みました。
今度、機会があったらディスカッションしたいです。

では

投稿: よねちゃん | 2007年7月31日 (火) 13時17分

よねちゃんさん、ブログいつも見てくれてありがとうございます。
成功っていうけど、何をもって成功とするか、は人それぞれかなぁって思ってます。
成功しているとか、成功していないとかは他人が判断することではないですからね。もちろん、周りがそういうふうにはやし立てることはあると思いますが。。。
コメントありがとうございました。

投稿: 飯山治郎 | 2007年7月31日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功とはシンプルなもの:

« 起業のセンス | トップページ | 企業文化は日々の姿勢の積み重ね »