« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

企業文化は日々の姿勢の積み重ね

Simg042

松下電器製品のリコールがまた出てきた。

今度は我が家もビンゴ!

結婚した当時(13年前)に購入した衣類乾燥機が対象商品となっている。そういえば、この衣類乾燥機ももう13年も働いてるのか!洗濯機も、電子レンジも、エアコンも、冷蔵庫もそうだ。結構長持ちしているほうだと思う。そろそろ順番に故障してくるのかな?

それにしても、なぜ松下製品ばかり?とカミサンが疑問に感じていたようだが、よくよく考えてみると、松下電器はどんどん表に出してきているのかなと。とにかくコンプライアンスを意識しているのだろう。社会的規範、企業倫理に関することだ。

近年、道徳観や倫理観を失いつつある日本で、前回のFF式ファンヒーターの件といい、ここまで徹底するか、というくらい徹底して企業の姿勢を貫いている。立派だ!

松下幸之助さんだったら、こんなときどうするか?

もちろん、「徹底的に一つ残らず探し出しなさい!」という厳命が下るはずだ。
こうした姿勢の積み重ねが企業文化を作り上げていく。

いつもありがとうございます。感謝です。
Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

成功とはシンプルなもの

成功って何?

成功するとは一体どういうこと?

世に成功するための本は多く出回っているが、いま一つ腑に落ちない。
人生論だったり、哲学的な話だったり。。。

わざと複雑に、わかりづらくしているように勘繰ってしまう。
でも、成功ってもっとシンプルなはず。

辞書では「仕事・計画などがうまくいくこと。目的を達成すること。」と書いてある。

なるほど「うまくいくこと」は成功といえるかもしれない。
しかし、何がどうなったらうまくいったことになるのかが不明確。このままだと成功したかどうか判断がつかない

もう一つ、「目的を達成すること」もやはり成功といえるだろう。
しかし、目的は常に追い求めるものだ。理念、ミッションに近い。これを追い求めるとなると成功までに時間がかってしまう。

強いてあげるならば、目的ではなく「目標を達成すること」というのはどうだろう。

自分の掲げた目標(目で見える標)を達成できた!

これは、成功といえるような気がする。目標達成は成功体験となるからである。
つまり、人によって成功の基準は違うはず。みんながみんな1億円プレーヤーを目指さなくてもいい。お金が基準の人もいれば、人からの評価を基準とする人もいる。自分が納得できる基準でいいんじゃない?

そこで、成功とは『その人が自分の望む結果を得ること』と定義付けてみた。

う~ん、結構シンプルで伝えやすくなったと思っているがいかがでしょうか?

いつもありがとうございます。感謝です。
Banner_03_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

起業のセンス

Scimg1618

商工団体が主催する創業塾にオブザーバー参加してきた。
というのも、創業して成長している事例として飲食業界の社長の講演があったのだが、その社長に講演を依頼したということもあり、話を一緒に聞かせてもらうことに。

20名ほどの参加者で、受講者の皆さんの創業へのモチベーションは高い。そこに社長のエネルギッシュな話を聴いて、さらにモチベーションが上がったのではないか。

ただ、創業(起業)してうまくいくためには、どうしても「あきらめずに成功するまでやり続けること」といった精神論的な話、どんな環境に身を置けばいいのかといった、抽象的な話が中心になる。テクニカルな話を求めているかもしれないが、テクニック(小手先)でなんとかしようと思ってもうまくいかないもの。

その後、その社長と食事をして遅くまで美味しいお酒を飲みながら話し込んだ。

「今日の受講者の中でどれだけの人が今回の話に響いてくれたかな」

起業のセンスというか、成功のセンスというか、今回の話に響く人はセンスがある人。「何言ってるのかわからん」と思っていた人は目先のことしか見えていないので、このまま起業するのはちょっと危険だろうと。

最後に一緒のタクシーの中で、社長から「飯山さんは健康診断は年1回ですか?」と聞かれ、実は起業してからはまだ1度も健診に行っていないことを伝えると、「やっぱり体が資本ですからね。年に2回は健診に行かないと、できれば人間ドックがいいですよ」と。

そうだよね。起業すると、すべては自分の体次第。体が資本です。車や機械と一緒で定期的なメンテナンスは必要ですね。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平等と公平は違う

昨日は、東京から戻ってからクライアントとの打ち合わせ、そして銀行主導でつくられた若手経営者の会に参加。頭取の話を聴いて懇親会でも盛り上がった。

頭取の話の中で「平等と公平」という話があった。
アメリカでは、例えば銀行であれば、たくさん預金していただいているお客様には特別待遇する。そうでないお客様にはそれなりの対応。銀行に限らず社会がそのようになっている。これが「公平」ということ。

日本では、誰でも同じようにサービスしなければならない、という「平等」主義だ。大きな枠組みでは日本はアメリカの後追いをしているが、このところは受け入れにくい。
今、日本は「平等」と「公平」がぶつかり合っている状態だという。

飯山も同感だ。以前から「平等と公平は違う。平等ではなく公平にお客様に対するサービスを見直そう」と繰り返してきた。そういう意味では、馴染みのあるポイントカードは「公平」だ。お客にすれば、そのお店を利用すればするほどメリットがある。お店側では、よく利用してくれるお客を大切にするとともに、見えにくいお客を少しでも見えるようにしようということだ。

「公平にする」ということは、ある意味格差社会を生み出すことになるのかもしれない。マスメディアは弱い者の味方とばかりに「平等」を説く。差別するのはダメだと・・・。
アメリカと日本の文化の違いはあるにしても、間違いなくアメリカの後追いをしている日本は、いづれ「公平」な社会に慣れてくるのかもしれない。

『賞賛』のアメリカに対して『妬み』の日本。出る杭は打たれる的な風潮が根強い日本で、「公平」が根付くのはいつか。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京に向います


今日は東京出張です。
モーニングセミナーに参加して、打ち合わせをして、これから金沢駅を出るところ。
東京のホテル(リーズナブルなところで調べた範囲)は予約で一杯。ちょっと押さえるのが遅かったようです。夏休みだからかなぁ。少々高くつくかもしれないけどしかたがありません。どこか探します。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

農業のビジネス化プランニング

Scimg1608

能登地区の農業グループによる、ビジネス化プロジェクト会議の第3回。
具体的な商品のイメージを固めつつ、商品のネーミングに時間をかける。ネーミングを考えることで商品コンセプトも同時に検討できる。そしてネーミングは競争力の源泉でもあるので、慎重に検討していきたい。

ただ、どうしても人数が多くなると意見が統一できないもの。今回もいろんなネーミング案が出たが、なかなか絞りきれない。

そこで、出てきたネーミング案を眺めながら、この商品はどんな商品なのかという、商品コンセプトを考えていくと、自然とまとまり、絞られてきた。

今日は、飯山が関与するプロジェクト会議の最終日。『フォーカスすべきは何か』、『何をもって成果とするか』を明確にしていきたい。

今日の夜から、明日の夕方にかけてココログのメンテナンスに入る。
この時間内は、ブログの閲覧はできるが、更新ができなくなる。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

充実してますか?

Scimg1501

この週末は、学童野球の夏季大会。運営側でもあるので、早朝から夕方まで慌しく動き回っていました。
当のウチのチームの成績は・・・。2回戦で逆転負け。1回戦は不戦勝だったので実質1回戦負けみたいなものですね。息子は4打数4安打、すべて3塁まで盗塁で到達。守っても何度もチームのピンチを救いました。しかし、野球は1人では勝てません。結局ミスが多いチームが負けるんですね。くやじぃ~。

土曜日に、当社事務所で商工会職員時代の仲間と懇談。事務所を移転したということで、皆さんで見に来てくれました。写真は当社の事務所スペース。
その後、飲み会で商工会の話、起業秘話、起業後のホンネの話など、時間を忘れて盛り上がりました。

いろんな話をしていたのですが、ある社長さんが話してくれたというこの言葉が残っています。

「忙しいと言うな。忙しいと言うと心を亡くしてしまう。その代わり充実しているという言葉を使ったらいい」

なるほど!と。

これから「忙しい」を「充実している」と置き換えよう!

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的にかなう環境に身を置く

Scimg1583 Scimg1603

石川県倫理法人会の式典&懇親会に参加してきました。

いつもながら、この会に参加している経営者の方々の顔ぶれのスゴさ、意識の高さに驚かされます。
そして、今日は飯山にとっても記念すべき日になりました。本日をもって石川県の単会のひとつである金沢市中央倫理法人会の専任幹事という、会をサポートしていく役割を与えられました。会長の下、会の運営がうまくいくようにサポートしていくことになります。

思えば、今年に入りモーニングセミナー参加社数日本一を目指すプロジェクトのプロジェクトリーダーとなり、その目標を達成したこと、その他のイベントにおいても、その時のリーダーのサポートとして目標達成に寄与できたことは本当に自分の成功体験になりました。

このことは、企業や個人のマネジメントコーチングといった本業の仕事でも十分活かせています。ほんと、このような学びの多い会に関わらせていただいていることに感謝するとともに、重要なポストに就いた緊張感もひしひしと感じています。

影響力を与えられる人間になる

という志を持って起業した1年と3ヶ月前の気持ちがまた沸々と蘇ってきました。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋でコーチングを語る

Scimg1573

名古屋で経営者団体の特別例会に講師としてお招きいただき、コーチングについて語ってきました。
尾張の虎(笑)こと、カムサの朴さんとのご縁で実現したものです。

コーチングは、まず自分に対して行うこと。

コーチングというと、誰かにするものだという認識がありますが、飯山はまず自分にすること、つまりセルフコーチングが先だと考えています。
セルフコーチングによって、自分が目標を持ってそれに向って取り組んでいる、成功体験を積み重ねているといった体験、経験が必要です。そうしないと、コーチとして誰かにコーチングしようと思っていてもうまくいきません。スキルだけに頼ったコーチングでは本来の成果は出にくいものです。

なぜそうなのか。
これを語らせていただきました。

皆様からうれしいフィードバックをたくさんいただき、とってもハッピーな名古屋の夜でした。
今日は、早朝から金沢に戻ってきました。
夕方から倫理法人会の700社達成式典、記念講演、祝賀会に参加します。
今週は、日曜日までお酒の席が続きます。少し休肝日も必要ですね(^^;

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目標なきところに・・・

Scimg1553

昨日、講演する学校へ向うときに、能登有料道路を通ったのですが、まだ、能登半島地震の復旧工事がところどころで行われていました。またお邪魔した学校でも、正面玄関へのアプローチの部分に数センチの段差が残っており、地震災害の凄まじさを物語っていました。

無事、学生への闘魂注入(笑)が終了し、そのまま金沢へ戻って、経営塾に参加。飯山はサポーターとして参加している。第2回となる今回は魚匠庵で懇親会も兼ねて開催。経営理念について考察を深め、その必要性と役割について皆で討論しました。

目標なきところに課題(問題)はない

目標、つまり目指すものがあるから、現状とのギャップが生まれる。これを課題に書き換えること。こうすることで、目標に向けてのプロセスが生まれます。まず”目標ありき”です。

懇親会は終始和やかな雰囲気で行われ、全6回となる今回の経営塾の塾生同士、親睦を深めました。
深酒になってしまい、寝たのは午前様。そして今日は倫理法人会のモーニングセミナーということで、昨日はブログを書けませんでした。

今日は、これから名古屋へ向います。経営者の団体でのコーチング研修の講師です。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっかけづくりに徹しよう

今日は、午前中3本のコーチングセッションを行い、午後からコーチングスクールの平日クラスを開催。夜は夕食を摂りながら、一緒に研修を担当するビジネスパートナーと打ち合わせ。合間に所属している団体の連絡事務等をこなすという結構ハードな一日だった。

明日は、職業短期大学で学生相手に「企業の求める人材とは」というテーマで教壇に立つ。教師になることを真剣に考えた時期もあったので、実は結構楽しみだったりする。

どんな話をしようかなぁ♪

やっぱり体育会系のノリでガツンといこうかなぁ。
それともソフトにやさしいお兄さんタイプでいこうか。。。

何はともあれ、仕事について考えるきっかけづくりをしていこうと思う。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーターサーバーから自己責任へ

Simg037

食品スーパーで近年目にするウォーターサーバー。

地方の田舎のスーパーでもこのようなウォーターサーバーを設置して、他店との差別化を図ろうとしている現状を見ると、地方の田舎でも水に対する関心が高まってきているのを感じる。水が汚染されているという認識よりも、健康志向の高まりにより、より良い水を体に取り込もうということかもしれないが・・・。

当社事務所でも「富士の湧水」という商品を設置している。来客やセミナー受講者の方のため、そしてもちろん自分のためでもある。コーヒー好きな飯山には必需品と言ってもいいかもしれない。

最近になって、日本で売られている食品の安全性や信頼性が揺らいできている。消費者であり、生活者の我々が知らないでは済まされない世の中になってきている。自分の身は自分で守るしかないのかもしれない。

自己責任の時代だ。

そもそも自由主義における自由とは、仏教の「自に由る」(おのずからに、よる)がその由来であり、自己責任という意味がある。自由ということは、自分の責任において物事を行うということである。

すべての行いは、自分の意思決定で行われており、現在の自分は過去の自分が行ってきた意思決定の産物でもある。
未来の自分の姿は、今の自分が決めていることを忘れずに!

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロコーチを輩出

銀座コーチングスクール(GCS)のクラスD(プロスタート編)が終了。これでGCS金沢校の第1期が終了しました。おめでとうございます!
修了された方は、これからプロコーチとして第一歩を踏み出していくことになります。8月に開催されるGCS認定コーチ試験に合格すれば、GCS認定コーチとして活躍してくれることでしょう。

金沢校のスタートは、本当に素晴らしい受講生の方々に恵まれました。感謝です。
各分野の専門家であり、とってもポジティブ、そして情熱のある方々ばかり。強力なコミュニケーションスキルを身につけられた皆さんは、きっと成功します!(すでに成功されている方もいらっしゃいますが)
これからのご活躍が楽しみです(^^)

サクセスコーチの飯山としては、皆さんを次のステージへとプロデュースできたんじゃないかと非常に喜んでいます(勝手な自己満足かもしれませんが・・・)。

コーチングスクールの講師は大変疲れますね。
2日間で計10時間行うのもそうですが、説明して、セッションの相手して(オブザーバー含)、コメントを考えて、次の進行を考えて・・・。

通常のセミナーや研修講師の2倍は疲れます。でも、受講者の皆さんがどんどん変わっていくのを間近で見ているとうれしくなってきます。人の喜びを自分の喜びにできることって、とっても気持ちの良いもの。

会社経営者、自営業者、後継者、若手経営者、起業家、サラリーマンなどのビジネスパーソンを始め、主婦、契約社員、派遣社員の方の「こうなりたい」の実現をサポートしています。あなたも上りのエスカレーターに乗ってみませんか?北陸にどんどん自己実現される方が増殖中!

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

売上をつくれる企業

クライアント企業での話。

とある銀行の支店長が面白い提案をしてきた。

「審査部と調整しましたが、御社の場合、ベストな選択はこれかと」

こ、これは・・・。

はっきり言って金融機関の提案する代物ではない。
対応もここまで柔軟になってきたかという感じ。

とは言うものの、やはり相手を見て提案してきているのも事実である。
良い取引条件を引き出すには、売上をつくる力があることが第一条件だ。

すべての源は売上から。利益は売上がなければ始まらない。
中小企業は、経費削減よりまずは売上をつくることに集中しよう!

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人の経営者

週末起業セミナー(富山)を終了。
仕事を終えた後のお疲れのところ参加いただいて感謝です。

今日は、朝、福岡から金沢へ。
昼前からPHP経営者友の会の例会に出席するため招龍亭へ。PHP研究所から2人の職員さんをお招きして、松下幸之助氏と本田宗一郎氏のビデオを見る。

松下幸之助氏の話を聴き、使命感を持つことの大切さ、強い願望を抱くことの重要性が理解できた。そして社員の前で、最前列に座っている奥様に向って「ありがとう」と声をかけるところは感動モノ。なかなか面と向かって素直に「ありがとう」と言えないが、「ありがとう」という言葉の力はすごいと感じた。

本田宗一郎氏は、「石橋を叩いて渡る」という言葉が嫌いだと述べている。「石橋なのだから叩かずにさっさと渡ってしまえばいい」。技術者でありながら、思いきりの良さと大胆さが垣間見える発言だった。
また、「夢は実現可能でなくてはいけない」「具体的でなくてはいけない」とも述べている。そう、夢は具体的にイメージできなかったら実現することはない。そんなとき、コーチングでは「具体的」をキーワードに具体化(チャンクダウン)していく。

わずかの時間だったが、日本を代表する2人の経営者の話を聴くことができ、気持ちを新たに、またがんばっていこう!という気になった。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランチェスター経営へ

Scimg1545

ランチェスター経営(株)に伺った。ちょうど営業マン向けの研修をされていたので、オブザーバーとして参加。
セミナールームにはランチェスター氏の肖像画があった。思わずパシャ。

夜は、近くの居酒屋で一杯やりながら、竹田先生と2時間半の接近戦。多くのヒントをいただいた。
それにしても、昨日の夜半に大分から博多入りして、翌朝広島へ。そしてまた博多に戻ってくるという、ちょっとハードスケジュールになってしまった。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分を楽しむ

Scimg1543

先の投稿のソニック号で昼食。博多駅で買った駅弁「九州物語」をいただいた。
九州のいろんな味が楽しめる一品である。

大分での仕事を追え、大分の友人達と居酒屋で一杯。
3年振りに会ったが、すぐに打ち解けあえるのがうれしい。

Scimg1544

とり天といかげそをすりつぶして揚げたもの(名前が出てこない・・・)が出てきた。
とりの天ぷらは初めて食べたが、なんともジューシーでうまい!いかげそすり身揚げ(仮称)ももっちりしていてこれまた絶品だった。

九州に来たからにはやっぱり焼酎、ということで、ロックで飲んでるとさすがに酔ってしまった。
明日は、朝から博多で仕事なので、21時ごろの列車で博多に戻ることになっていたが、ギリギリまでお店にいたため、改札からダッシュするはめに・・・。

列車(またまたソニック号)には間に合ったが、酔いが一気に回ってしまった。
博多までの2時間20分lはお休みタイム。

明日は、博多、広島でJAXAの仕事をしてから、再度博多に戻り、ランチェスター経営株式会社に伺って、竹田先生に会う予定。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分に向かってます

大分に向かってます
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の仕事で九州へ。福岡空港から博多へ、そして今大分に向かってます。
ソニック号という特急に乗っているんですが、このソニック号は普通の特急なのになんとも豪華。
サロンのような雰囲気の車内に、革張りの座席。これなら2時間15分の旅も楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーチングには厳しさも必要

クライアント企業で「辞めたい」と言っている主力社員とセッションした。

コーチングって、決して甘やかすということではない。

コーチングは「相手の中に答えがある」「相手の無限の可能性を信じる」ということが前提だが、だからといって、質問ばかりで何の提案もない、選択肢も与えられないというのではコーチとしてどうかと思う。

コーチの仕事は、相手のパフォーマンスを向上させて、今までその人が「できない」と思っていたことが「できるようになる」ことをサポートすることである。そのために必要とあれば、積極的に提案することもあれば、叱咤激励することもある。一生懸命ほめたり、おだてたりして相手を気持ちよくするのがコーチングではない。信頼関係(ラポール)さえ築いてあれば、その人のためになると思って耳の痛いフィードバックをすることもある。

コーチングがうまくいかないときは、信頼関係(ラポール)が築けていないことが多い。これを無視してコーチングのスキルだけに走ると大抵うまくいかない。
コーチングがうまくいってるか、うまくいっていないかは、コーチングを受けている人が自発的に行動しているかどうかで決まる。
どうやって自発的行動に結びつけるかがコーチの腕の見せ所だね。

今回の社員は、どうも考えが甘いので一喝した。

「誰々がどうした」
「会社の雰囲気がどうのこうの」
「これが実現できるのならがんばりたい」

アホか!

今現在、自分のしなければいけないことも満足にできなくて、人や会社のせいにするのがおかしい。そんなことはきちんと仕事ができるようになってから言え!って感じ。実際これに近い言葉で伝えた。

実際のやり取りはいろいろあるのだが、書くと長くなるのでこの辺で。
まぁ、当の本人は辞めるのを思いとどまり「がんばります!」ということだが、しばらく様子見だね。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2期クラスA終了!

Scimg1542

銀座コーチングスクール(GCS)第2期クラスAが終了。
写真は心理学でよく使われる「ジョハリの窓」を使ってコーチングの説明をしている図。

最初のうちはたどたどしい感じでしたが、後半になってくると徐々に慣れてきて聴くスキル、質問のスキルなど少しずつ使えるようになってきたようです。

コーチングはパソコンや車の運転と一緒で、慣れることが大切です。そのためにまずは量ですね。とにかくコーチングの数をこなすこと。質にこだわるより、まずは量(数)をこなすことを考えよう!

コーチングと全く正反対のことをやってきたという管理職の方が、アンケートに、

「他人との会話に関心がなかったが、少し楽し楽になったと思う」

といううれしいコメントをいただきました。また、

「コーチングは、夢と現実を結ぶ、すごい技術だと思いました」

という、これまた素晴らしいコメントもいただきました。
皆さん、本当に感謝です。ありがとうございました。
クラスBもお待ちしています(^^)

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2期スタート!

Sgcs_2

銀座コーチングスクール(GCS)金沢校、第2期がスタートしました。

今日は、クラスA(コーチングの基礎)の1日目を開講。またまたポジティブなメンバーが顔を揃えました。
コーチングの本を読んだり、カウンセリングの勉強をされたりと、コーチとしての素地が出来上がっている方もおり、今後の展開が非常に楽しみです。

第1期のクラスD(プロコーチに向けて)も来週末に開講します。第1期、第2期の方々が順調にいくと、年内にプロコーチが多数輩出されることになります。そうなると、飯山が構想中の新事業も立ち上げることができます。
皆さんそれぞれの道のプロフェッショナルばかりなので、きっと面白いことができそうです。考えているだけでワクワクしてきました(^^)

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

倫理法人会に有名人登場

Skurosawa

今日、金沢市倫理法人会の経営者モーニングセミナーに、コーチング業界のカリスマが参加されていた。

その方の名は、黒澤義己氏

エデュケーショナル・コーチングを提唱され、教育界にコーチングを導入しようと情熱を傾けている。

えっ?な、なんで黒澤さんが?
なんで金沢に?
しかも、倫理法人会に?

頭の中でいろんな言葉が駆け巡ったが、とにかくあいさつを。

「はじめまして。飯山と申します。金沢で経営者や起業家を対象としたコーチをやっています。北陸を元気にすることに情熱を燃やしています」

とにかく、物腰が柔らかく、すべてを包み込むような包容力と何ものも見通すような凛とした目の輝き。

この人はすごい!

素直にそう感じた。

「飯山さん、一緒に仕事しませんか?いろいろと教えて下さい」

って、私が黒澤さんに教えることなんてあるわけないじゃないですか!

とにかく、朝から素晴らしい出会いがあり気分は上々。

ついてます。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

農業ビジネスプラン第2回

Scimg1525

農業グループのビジネスプランづくりの第2回

今回も白熱したディスカッションが夜半まで行われた。
商品の方向性をニーズとウォンツ、コンセプトが伝わりやすいか等々の切り口で分析、検討して決定。次にネーミングの考案に入る。ネーミングに関するキーワードをどんどん挙げていくと、大方のイメージは固まっているように思える。

ただ、ここまでで時間切れ。ネーミングの決定までには至らなかった。
次回までに、出てきたキーワードを基に、一人3つ(最低1つ)のネーミング案を考えてくることを宿題として会議は終了。

先ほど自宅に帰ってきた。
明日は(もうすぐ今日だ)、金沢市中央倫理法人会のモーニングセミナーがある。同級生であり、大切な友人である野原秀郎氏の講話がある。役員朝礼は5;05から。自分で決めたこととはいえ、ちょっと早すぎたかも・・・。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

経営塾開催

Scimg1519

今日は、高岡市倫理法人会の講話を担当し、富山県西部地区の経営者の方々と朝食を摂りながら懇談させていただいた。
その後、午前中は富山県内の企業2件訪問し、午後から金沢の企業2件訪問。

その後、夜には金沢市中央倫理法人会主催で第3期の経営塾を開催。12名の若手経営者等を対象に、事業計画の作成研修をみっちり5回コースで行う。今日は、第1回目で、アイスブレーク、講義、簡単なグループワークと進み、SWOT分析(企業を取り巻く環境分析)までを行った。

飯山は今回サポート役で、受講者が演習などのワークを行う際のサポートを行う。SWOT分析では、自社の強みは何かを考える部分があるが、これが意外と出てこない。

でも、「自分(自社)にはあって、他社にはないもの(と思われるもの)は何?例えば・・・」など、質問の切り口を変える(視点をかえる)と答えやすくなることもある。

受講者の皆さんは、向上心が強く、積極的な方ばかり。これからの展開が楽しみである。
次回は、懇親会も兼ねて料理店の座敷で行う予定。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本最大級の書籍専門店「金沢ビーンズ」

Img033 Img034

日本最大級の書籍専門店が金沢にオープンした。

その名も「金沢ビーンズ明文堂書店」。丸みを帯びたそらまめのような豆型の建物が一際目を引く。

内装も什器もホワイトで統一され、解放感溢れる空間を作り出している。
タリーズコーヒーも同じ建物内に併設され、コーヒーを楽しみながら本が読める。

ただ、なんとなく落ち着かない。

飯山の好みとしてはもう少し落ち着いた色調の店舗のほうが、ゆっくりと本を選ぶことができる。
女性向けの書籍が充実していることもあり、かなり女性を、しかも20代~30代の女性を対象とした店づくりをしている感がある。書店というよりもブティックをイメージしているのかも。
商品の訴求POPもほとんど見当たらない。洋服選びと同じようにメディアを選ぶというスタイルか。

とにかく金沢は書店激戦区である。しかも県内の書店ではなく、お隣の富山県、福井県の資本が幅を利かせている。やられっぱなしでいいのか?
石川県の書店の奮起を期待する!

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (2) | トラックバック (3)

起業は甘くない

久しぶりに学童野球の練習&試合に顔を出した。
小学2年生のときに入団して以来、平日の夕方からの練習、土日の練習、試合等ほとんど顔を出してお手伝いをしてきたが、息子が最高学年となった今年は、逆にほとんど顔を出せなくなってしまった。

夜のセミナーや会合、そして土日はコーチングスクールや経営勉強会、起業勉強会といった仕事があるからだ。ただ、フリーランスである以上、仕事をしていかないといけないし、何より飯山は仕事が大好きである!
周りの人は「休みがなくて大変じゃない?」なんて聞いてくるが、当の本人には”休む”という感覚がない。

何もしないで家でゴロゴロしているのが”休む”ということなのか。
家族でショッピングしたり、食事しに行ったりすることなのか。
それとも、自分だけの趣味を楽しむことなのか。

でも、良く考えてみるとこれらはすべて実現している。
平日でも、午後からの仕事のときは家でのんびりしているときもある。
日曜日で仕事が入っていない日は、ショッピングに出かける。今日は夕食に家族で焼き鳥屋へ出かけた。
飯山の趣味、それは仕事だし、息子の野球に関わることだ。

起業支援を仕事にしている私が言うのもなんだが、”休日がある”という発想なら独立起業することは避けたほうがいい。365日働くつもりでなくては軌道に乗せるのが大変だ。それほど困難な道だということは覚悟していないといけないと思う。

睡眠時間を削って、休みも取らず走り続けることに喜びを感じるくらいの気概がほしい。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »