« 思いはカタチにして伝える | トップページ | 朝を制すものは人生を制す »

企業でのコーチング研修

Scimg1330_1 

企業でのコーチング研修1日目。

2日間(両日とも午後からの5時間程度)で基本的なスキルを習得していただくのが目的である。
研修といっても理論の説明ばかりではなく、ワークショップスタイルでどんどん実践していただく、ライブ感を重視したプログラムを組んでみた。

当初、少々固めで冗談も通じないような雰囲気だったが、研修の終わりのほうでは、笑い声が絶えない明るい雰囲気に変わっていた。なぜかコーチングのワークショップではこのようなことがしばしば起きる。おそらくコーチングによって話しやすい雰囲気が作られ、会話がどんどん弾んでくるからだろう。
2日目は10日後となるが、次回もコーチングライブを楽しんでもらおう。

コーチング=質問

というイメージがあると思うが、『質問のスキル』はコーチングにおけるスキルの一部に過ぎない。質問することがコーチングではない。コーチングは対話そのものをマネジメントすることであり、質問、傾聴、承認といったスキルは手段に過ぎない。

このことを理解せずにスキル偏重型のコーチングをするコーチが増えているため、コーチングがあまり役に立たないという事態が起きているのも事実。困ったものである。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

|

« 思いはカタチにして伝える | トップページ | 朝を制すものは人生を制す »

コメント

「コーチングは対話そのものをマネジメントすること」
ハッとさせられる言葉でした。マネジメント・・・。今コーチングが終わって痛感しております。
ありがとうございました。コーチングの後は顔はニコニコ、体はワクワクそして心はスキッとしています!明るい未来が待っている…。

投稿: すがちゃん | 2007年6月 2日 (土) 11時07分

すてきなフィードバックをありがとうございました。
相手の方のアイデンティティをつくってあげる(引き出してあげる)こともコーチングの成果の一つです。

すがちゃんは大きな気づきを得ましたね。あとは、迷わず本気で取り組むだけですよ。

明るい未来が待ってます。断言しましょう!
(・・・は削除!)

投稿: 飯山治郎 | 2007年6月 3日 (日) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業でのコーチング研修:

« 思いはカタチにして伝える | トップページ | 朝を制すものは人生を制す »