« やりたい気持ちを抑えつつ | トップページ | 動かないっ! »

競争力の源泉は

関与先企業の来春採用にかかる入社試験も終わり、選考の結果、内々定通知を出す運びとなった。

内定式は、正式な内定通知を学生に渡すために行うが、倫理憲章によって10月1日以降にすることが一般的なので、その前では内々定ということになる。

売り手市場といわれる今年の就職活動では、一人で数社から内定をもらう学生も多いだろう。この内々定通知以降、内定式まで、そして入社式までの会社と内定者との関係づくりが大切になってくる。この辺はしっかりプランを練っていきたい。

企業の競争力の源泉は「人」である。できるだけ優秀な人材(学業の成績が良いということではなく、その会社にとって必要な人材であること)を確保すること、そしてその後の育成プランも非常に大切な要素になる。

また、現在の先輩社員が手本となる。先輩の働く姿を見て自分の数年後の姿をイメージし、このままこの会社で働いたほうがいいかどうかを判断することになるので注意したい。

ポチッとお願いします。応援感謝致します → Banner_03_1

|

« やりたい気持ちを抑えつつ | トップページ | 動かないっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競争力の源泉は:

» 企業コーチの歴史 [コーチバッグと通販紹介]
コーチ(Coach)はアメリカ合衆国の高級皮革製品メーカーである。1941年にニューヨーク、マンハッタンで創業された。特にシグニチャー・ラインと呼ばれる、社名の頭文字であるCのモノグラム柄のハンドバッグなどが有名である。当初は野球グローブの革を使用した鞄等をアメリカ国内で生産する比較的小規模な企業で、メインターゲットは比較的高齢の男性であった。1985年にサラ・リー社に買収され、2000年10月にIPOを行いニューヨーク証券取引所に上場。買収後はバッグと財布などの皮革製品メー...... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 10時46分

« やりたい気持ちを抑えつつ | トップページ | 動かないっ! »