« モーニングセミナーはすごい活気で夜は盛和塾でぶったまげた | トップページ | 温泉を楽しんで卒団式で泣いてチャレンジングな仕事でやる気アップ »

目的と目標

成果とは何か。

それは、望む結果が達成されること。

成果をあげることができる人間は、目標設定、つまり望む結果が明確になっている。そしてこの目標は、必ず目で見える標でなくてはならない。

しかし、案外このことを理解していなくて、本来なら目的とするべきことを目標として掲げているケースが多い。

「地域一番店になる」
「顧客満足を向上させる」
「品質を向上させる」

など。これらはすべて目標ではなく、目的である。

目標は必ず数値で表されなくてはいけない。なぜならば、数値化していなかったらそれが達成したのかしないのかがわからないからである。

「100万円の売上をつくる」
「10件の会社を訪問する」
「品質チェックを3回行う」

このように数値化することで、目標としての意味を持つことになる。

でも、本当はこれでもまだ足りない。

”いつまでに”やるのかがないのだ。つまり期限がない。

せっかく数値化しても無期限だとこれまた意味がなくなる。また、10年かけてやるのと、1年でやるのとでは取り組み方が違うはずだ。期限を設けることでその達成に向けた戦略が変わってくる。

ポチッと押して応援お願いします!banner_03


|

« モーニングセミナーはすごい活気で夜は盛和塾でぶったまげた | トップページ | 温泉を楽しんで卒団式で泣いてチャレンジングな仕事でやる気アップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目的と目標:

« モーニングセミナーはすごい活気で夜は盛和塾でぶったまげた | トップページ | 温泉を楽しんで卒団式で泣いてチャレンジングな仕事でやる気アップ »