« ザ・リッツカールトン・ホテル~有馬温泉~清水寺の旅 | トップページ | 採用戦略におけるツールの作成 »

何事も徹底すること

5Sは製造業を中心に取り組まれている経営管理手法である。
整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)の頭文字Sが5つあるので5Sだということは誰でも知っている。
しかし、5S、5Sと言わなくても3Sができれば自然と5Sになるということはどうだろう。まぁ当たり前だと言ってしまえばそうだが・・・。

整理、整頓、清掃を徹底する。これだけで、清潔、躾は出来てしまう。さらに、売上も向上人材育成もバッチリだ。

なぜそうなるのか。

これは整理、整頓、清掃することで、きれいな工場(店舗)がつくり上げられ、経営者をはじめ、そこで働く社員の姿勢が垣間見られ、そんな工場や店舗でつくられる製品、売られる商品は間違いがないと信頼性が高まること。つまり、良い現場は最高のセールスマンであるということだ。

そして最大の効果は、「守るべきことを決めて、決めたことを守る」という企業風土をつくり上げられることだといえよう。3Sを実施する最大の目的は、この企業風土の熟成だといっても過言ではない。

「整理整頓や掃除ばかりしていて何になる」

という経営者もおられるが、そういう経営者に限って物事の表面上しか見ておらず、とりあえず取り繕っておけばいいという姿勢になりがちで、会社はいつもクレームだらけ、当然社員のモチベーションも低く、人が育たない企業風土をつくり上げてしまっている。まさに先のない会社になってしまう。

別に3Sをすればすべてがうまくいくと言っているのではない。
会社の中で、守るべきことを決めて、決めたことを守る。そして良いことか、悪いことかを判断して悪いことはしないという、ごく当たり前のことを徹底して取り組めば、おのずと視界が広がってくることを実感できる

何事も「徹底する」、「まずやる」、「理屈は言わない」、「できない理由を言わない」、「やめる(止める)勇気を持つ」
ということが大切だと感じた。

ポチッと押して応援お願いします!banner_03


|

« ザ・リッツカールトン・ホテル~有馬温泉~清水寺の旅 | トップページ | 採用戦略におけるツールの作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何事も徹底すること:

« ザ・リッツカールトン・ホテル~有馬温泉~清水寺の旅 | トップページ | 採用戦略におけるツールの作成 »