« 祝!目標達成! | トップページ | 引越ししてます »

原田隆史氏の話に興奮!

自立型人財に育成する。

これをミッションにしている、日本で現在考えられる最高のコーチ(と飯山は思っている)である原田隆史氏の講演を聞いた。

原田氏は、中学校の教師として荒廃した中学校を次々と立て直し、陸上競技を通じて人づくりをしてきた。その中で7年間で13度の日本一の選手を育成するなど、考えられないような実績と伝説をつくってきた方だ。私のメンターの一人でもある。

3年前、「常勝教育」という原田氏の本と出会い衝撃を受け、人材育成を生涯の仕事にしたいと強く感じた。そしてすぐにコーチングを学び、人を活かす、つまり自立した人間に育成していくということを自身のミッションに掲げた。

今回、そんな原田氏が金沢にやってくるということで、実際にお会いすることができて非常にうれしかった。感動した。

今回の講演で多くの気づきと学びをいただいたのだが、その中でも面白いと感じたのは、

「ルール、規則は守らないが、周りのムードには従う」

という言葉。荒廃した中学校でルールを決めて、規則で縛ろうとしても逆に反発してしまって全く意味がない。それよりも周りの環境がピシッとしていて、きれいで、元気よく「はいっ」と返事ができて、前向きに行動しているというような環境であれば、自然と襟を正してくる。

自分の身を置く環境で人は変わる

ネガティブになろうと思えば簡単だ。グチを言う、人をねたむ、ひがむ、恨む、こんな人たちと一緒にいればいい。どんどん落ちていく。

逆に、ポジティブになろうと思えばこれまた簡単だ。元気がいい、ピシッとしている、感謝する、夢がある、行動する、ツイている、こんな人たちと付き合えばいい。そういう場に身を置けばいい。人生がどんどん好転していく。

目標の違いが考え方の違い

目標の大きさで行動は変わるということだ。ということは、どういう目標を持っているかで人生が決まるといっても過言ではない。

原田氏は「長期目標設定用紙」という目標達成シートを徹底的に書かせる指導方法だ。本来ならコーチングで1対1で対話を通じて行えればいいのだが、多くの生徒、今では教師を含めた社会人の育成を行っているので、このシートを書いてもらい赤ペンを入れていくという指導方法をとっているという。

飯山は、基本的に1対1の対話を通したコーチングまたはコンサルティングで、その人の目標設定とその達成のお手伝いをしているが、今後の育成方法、そして言葉の威力を再確認させていただいた2時間だった。

ポチッと押して応援お願いします!banner_03


|

« 祝!目標達成! | トップページ | 引越ししてます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原田隆史氏の話に興奮!:

« 祝!目標達成! | トップページ | 引越ししてます »