« 何事も徹底すること | トップページ | バレンタインデーで、明日も早朝から忙しく、週末起業セミナーもあるよ »

採用戦略におけるツールの作成

顧問先企業の社長さんと、新卒採用に向けた企業説明会について戦略を立てた。
小難しい顔をして座っていても誰もその企業のブースには寄ってこない。そこで、ワクワク感を演出することにした。具体的なことは書けないが、まずは入り口を広くしてより多くの学生との接点を持つことを主眼に置く。

次に、学生に渡す小冊子を作成する。企業パンフレットではない。「働くこと」、「仕事をするということ」にフォーカスしたエモーショナルなものをつくることにした。しかし、企業説明会は来週だ。時間がない。午前中の打ち合わせを終えて帰ってから、急ピッチで経営者の思いをカタチにしていかないといけない。

参考となる本や資料を机いっぱいに広げ、コンテンツの原案を一気に書いていった。感情に訴える、エントリーシートで申し込みたくなる表現、言葉を考慮してなんとか夕方までに原案を作成し、社長とデザイナーにメールで送る。

約10分後、社長から携帯に電話が入った。

「おいおい、全然ダメだよ」

なんて言われたらショックだぁ~~。とヒヤヒヤしながら電話に出る。

「ありがとう。素晴らしい出来だよ。あとはデザイナーと打ち合わせして詰めていくね」

ふぅ~っ。全身の力が抜けた。なんともいえない充実した気持ち。

正直かなりチャレンジングな仕事だったが、短時間で一気に集中したのが功を奏し、内容に満足していただけたようだ。

「できない理由を言わないで動けば変わる」

だね。

ポチッと押して応援お願いします!banner_03


|

« 何事も徹底すること | トップページ | バレンタインデーで、明日も早朝から忙しく、週末起業セミナーもあるよ »

コメント

充実感が伝わってきます!
働くことを焦点にしたのは、よいアイデアだと思います。今の若者には必要なメッセージだと思います。私も息子にワタミの社長の「君はなぜ働くか」を読ませています。読み進んでないけど・・・。

投稿: す~やん | 2007年2月14日 (水) 06時15分

ありがとうございます。
働くということを5つの言葉(英単語)で表現し、問いかけるような質問形式にしました。コーチですからね(^^)
そして、それぞれの言葉に感情に訴えるような文章を添えました。
いい感じの小冊子ができあがることを期待してます。

投稿: 飯山治郎 | 2007年2月14日 (水) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 採用戦略におけるツールの作成:

« 何事も徹底すること | トップページ | バレンタインデーで、明日も早朝から忙しく、週末起業セミナーもあるよ »