« 場の作り方 | トップページ | 行動なきところに成果なし »

社長の言葉はあくまで社長の話

社長の言葉を社員に伝える。

社員の声を社長に伝える。

こんな仕事が増えてきた。

社長が言う言葉は、社員にはあくまで社長の言葉としてしか伝わらない。

「また、社長が何か言うとるわ」
「そういや昨日なんとかのセミナーに行ったらしい。感化されてきたんじゃない?」

なんて言われてしまう始末。

結局は、雇う側と雇われる側、命令する側と命令される側、給与を支払う側と給与をもらう側。
全く立場が違う。正反対なのだ。

経営者がどれだけ社員の立場で考えようとしても、社員側はそう感じてくれない。
だから、外部のコーチを雇って、社長の代弁をしてもらう、噛み砕いて説明してもらう、社員や管理者のガス抜きをしてもらう、モチベーションを高めてもらうといった、社内コミュニケーションにおけるサポートを依頼してみてはどうだろうか。

社員が活き活きと働き出すと成果をあげるスピードも速くなる。

ポチッと押して応援お願いします!banner_03


|

« 場の作り方 | トップページ | 行動なきところに成果なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長の言葉はあくまで社長の話:

« 場の作り方 | トップページ | 行動なきところに成果なし »