« ブログを書くことはポジティブな習慣 | トップページ | 今季初勝利!息子も大活躍! »

コーポレートコーチングを導入

午前中、新規の支援先企業の幹部の方々と事業計画の打ち合わせを行った。この企業ではコーポレートコーチングを導入していただいた。結局、企業は人で成り立っているので、人の成長がない限り企業の成長はありえない。

コーポレートコーチングは、元々個人の能力開発に有効なコーチングを、企業、もしくは組織に導入して成果をあげていく方法で、ある仕組みを提供する、ノウハウや専門知識を提供するといったコンサルティングとはアプローチの仕方が違う。

カウンセリングとコーチングも境界線がわかりづらいが、はっきりしているのは、コーチングは”結果”に焦点を当てているという点だ。結果を出してもらうことにコミットする。
そして、『答えはその企業が持っている』ことを信じている。大抵の場合、直面する問題や課題の対処方法をわかっている。ただ”行動するかしないか”であることが多い。

飯山が提供するのはコーチングスタイルだ。つまり”与える”のではなく”引き出す”のである。中小企業診断士でもあり、企業戦略の立案や店舗管理、生産管理、資金調達や資金管理、労務管理といった専門分野のコンサルティングも行っているが、ベースはコーチング。ただ、コーチングで言うところの”提案”というカタチで専門知識やノウハウを提供することはある。

人は他人から言われたことを頭では理解するが、それに基づき喜んで行動しようとは思わないもの。なぜならば”感情”があるからだ。理屈ではわかっていても、結局その人が、もしくはそのことが好きか嫌いかでやるかやらないかを決めている。しかもそれは無意識で行われていることが多い。感情でYESかNOか、やるかやらないかを決定しているのである。

結局は自分で納得したこと、自分で導き出したこと、自分の口から発したことのみが行動に結びつく。ただ、そうでない場合でもしぶしぶ動く、仕方がないから行動するということはある。これは”仕方がない”と納得しているからであるが、この行動が成果に結びつくことは稀である。結構このタイプが多い。

今回は、その企業の年度初めということもあり、幹部の皆さんに事業計画に対する意見を本音で語っていただいた。もちろん社長はその場にはいない。その上で、事業計画の必要性、会社の成長ということに関しても考えていただいた。

それぞれの考えが充分共有できたところで社長に参加してもらい、各部門のマネジャーから事業計画に対してコミットしてもらった。これから部門ごとにコーチングを行って成果に結びつけていくことになるが、どんな方々との出会いがあるのか楽しみである。

よろしかったらポチッとお願いします!banner_03



※コメント、トラックバックは、スパム防止のため承認するまで一時保留となります。承認後に公開させていただいていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

|

« ブログを書くことはポジティブな習慣 | トップページ | 今季初勝利!息子も大活躍! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーポレートコーチングを導入:

» 速聴や能力開発の会社 [速聴効果を無料体験]
速聴するとき目を閉じて聞いていると、音声につられてイメージが湧いてくることがあります。これは同時にイメージトレーニングにもなっているのかなと思いました^^ [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 10時53分

« ブログを書くことはポジティブな習慣 | トップページ | 今季初勝利!息子も大活躍! »