« 親子でリレーを走って、バトンをつなぐ | トップページ | 環境が人をつくる。目的にかなったより良い環境に身をおこう »

真っ赤な電車が走る高岡市。街中の再生に挑む

Scimg0063 飯山の故郷高岡市と新湊市(約40分間)を結ぶ路面電車「万葉線」。

久しぶりに高岡を訪れ、街の中を走っているところを信号待ちの間に運転席からシャッターを切った。
路面電車は、67都市で運行されていたが、現在は18都市19路線まで減ったという。モータリゼーションの進展、地方都市の市街地の空洞化などで利用者は減り、必然的に廃止に追い込まれていった。

それにしても、私が住んでいたころ(15年前)までは”チンチン電車”という愛称で知られていた路面電車が、洗練されたスタイルと目を引く赤で、なんともカッコいい、セクシーな感じに生まれ変わったものだ。街づくりの一端を担うことを期待している。

街づくりも行政や商工会、商工会議所主導のTMOから、民間企業へ委託されているようだ。民間企業といっても行政や商工会議所の出向者が上層部にいるので結局第3セクターのようなイメージだが、社員を一般募集したり、民間会社からの出向を受け入れたりと、意図的に民間色を強めている。

ただ、イベントを行う際にも、今までは行政や商工会議所が音頭をとっているからということで商業者は協力的だったが、一民間会社の名刺では参加を呼びかけるのはなかなか困難だという。

街づくりは”誰のため”にやっているのか。

商業者のため?
地域住民のため?
行政のため?
商工団体のため?

ここがいつまでたっても曖昧なままだと感じるのは私だけだろうか。

よろしかったらポチッとお願いします!banner_03



※コメント、トラックバックは、スパム防止のため承認するまで一時保留となります。承認後に公開させていただいていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

|

« 親子でリレーを走って、バトンをつなぐ | トップページ | 環境が人をつくる。目的にかなったより良い環境に身をおこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤な電車が走る高岡市。街中の再生に挑む:

» 8月のクリスマス-高岡市金屋町のロケ地旅物語 [ロケ地ドットコム]
 映画の舞台として「路面電車」「石畳」のある町並みが好まれ演出される傾向にあるよ... [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 01時51分

» 越中国府関連遺跡(富山県高岡市) [古今チップス]
 越中国府関連遺跡で古墳~平安時代の集落跡が発見された。  見つかったのは竪穴住居跡16戸で、うち3戸は一辺10m余りある大規模住居。伏木に越中国府が置かれる以前から栄えていたことを示すものだという。 [中日新聞]... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 10時16分

« 親子でリレーを走って、バトンをつなぐ | トップページ | 環境が人をつくる。目的にかなったより良い環境に身をおこう »