« 人は感情の生き物。理屈では人は動かない | トップページ | 具体的な行動を促すには、具体的な質問をしていくことが必要 »

どこへ向かうかわからない船に乗っている乗員乗客は不安でいっぱい

「自分でもどんな会社にしたいのかよくわかってなんですよ」

という社長がいる。船で例えるならどこへ向かうのかわからないということだ。
どこへ向かうのかわからない船に乗せられている乗組員はきっと不安でいっぱいのはず。乗客はもっと不安だ。

従業員は、「この社長について行って大丈夫だろうか」と感じている。そんな不安を抱えた従業員から商品やサービスを提供されるお客様は、「この商品、サービスは大丈夫だろうか」と不安になる。こんな会社に明るい未来はあるのだろうか...

どうなりたいのかが明確になれば、今、何をしなければいけないのかがわかる。
何をするかわかれば、あとは行動を後押しするだけでいい。

えっ!?「どうなりたいのか」はどうしたら見えてくるかって?
そんな方は、次の質問に答えてみて欲しい。

あなたは、何のために仕事をしているのですか?
どんな人を、何で喜ばせたいのですか?

ランキングに1票よろしくお願いしますbanner_03

|

« 人は感情の生き物。理屈では人は動かない | トップページ | 具体的な行動を促すには、具体的な質問をしていくことが必要 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこへ向かうかわからない船に乗っている乗員乗客は不安でいっぱい:

« 人は感情の生き物。理屈では人は動かない | トップページ | 具体的な行動を促すには、具体的な質問をしていくことが必要 »