« 日付のない夢なんてゴールが見えないマラソンを走っているようなもの | トップページ | 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? »

お店を大きくしようとしたときに考える最悪のシナリオは

s-DSC00116ありがたいことにお客様が増えてきて、今の店じゃ手狭になってきた。駐車場も狭く、もっと大きなお店、駐車場があればもっと売上が上がるのに・・・

なんて考えている社長がいる。

たしかにお店の中はお客様でごった返している。駐車場も狭く危なっかしい。これだけの活気があればお店を大きくしたくなる気持ちもわからないではない。

しかし、ただ単純にお店を大きくすればいいのだろうか?

まずは場所だ。
現在の土地ではこれ以上広げられないとすれば、別の場所に候補地を探さないといけない。土地は借りるのか購入するのかを考える。今は借りるほうがベターだが、現実には購入することになるかもしれない。

そして店舗だ。
簡単な造りでいいといいつつも、あれやこれやで大概建設費は当初予算を上回るものだ。これは不思議と多く見積もってもさらにそれを上回ることが多い。

よし、これで店舗が完成した。さあ開店だ。
とはならない。

まず在庫だ。今までの倍のお店を建てれば単純に在庫も倍以上になる。そして人の問題。当然お店が広くなって在庫が増えた分、それを管理する、販売する人員を増やさなくてはいけない。

ここまで準備してやっと開店の日を迎える。開店当初はものめずらしさでお客様が続々来店する。

よしよし、上々の滑り出しだ。
当然その客数がピーク時の客数になる。平常に戻ると徐々に客数は落ち着いてくる。

するととたんにお店の中の活気がなくなったように感じる。妙に閑散とした雰囲気が漂い始め、お客よりも店員のほうが目立ち始める。

お客様もその辺は敏感で「あら、あまりお客がいないわね」となる。実は以前のお店よりもお客様が入っているにも関わらずである。

そのうち設備投資と在庫、人件費の負担が重くのしかかる。やがて資金繰りがきつくなって・・・

お店や工場を大きくするということは、このようなリスクを抱えることをしっかり認識していないといけない。なので、拡大するときは慎重にしなくてはいけない。その逆に、縮小するときは大胆に行う。中途半端だと効果が半減するからだ。

充分な客数、受注量を確保できる見込みがたたないとき、大きくすることは避けた方がいい。

ランキングに1票よろしくお願いしますbanner_03

|

« 日付のない夢なんてゴールが見えないマラソンを走っているようなもの | トップページ | 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お店を大きくしようとしたときに考える最悪のシナリオは:

« 日付のない夢なんてゴールが見えないマラソンを走っているようなもの | トップページ | 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? »