« 説明会という名の棒読み会。ただただ苦痛なだけ | トップページ | 少年野球チームの卒団式。もうハンカチが手放せません »

今話題の東横インに泊まってみました。社長さんは○○を体験してたんですね

今日は、金沢に戻ってから、飲食店のFCに加盟している知人からの相談があって夜に出かけなくてはいけない。なので、朝ホテルを出るわずかな時間にこの記事を書いている。投稿時間は今日いっぱいの時間に設定しておく。

今回は、どもども遠田さんのご要望にお応えして東横インホテルレポートを簡単に。

私が泊まった丸の内には施設の改善勧告はないようだ。しかし、フロントカウンターの上、エレベーターの中などに一連の騒動の「お詫び」が貼られてあった。

s-DSC00143 面白いと思ったのは、客室に置いてある様々なパンフレットの中に「内観」があったこと。「内観」とは簡単に言うと、本当の自分を知るために行う、一種の修行みたいなもの(すいません。上手く表現できません)。西田社長さんは内観を体験されているんですね。

ふと、著書を手にとってパラパラと中を見てみると、


やっぱり「内観」の本だ

s-DSC00144 そのまま本棚に戻したのは言うまでもない。
決して内観を否定しているわけではありません。念のため(^^;

私がいろんな企業で注目しているのは、トップの理念や考えが、どれだけ社員に浸透し、行動に移されているかということ
どれだけトップが素晴らしくても、実際に現場でお客様と接する社員が理解し、実践していなければ全く意味がない。

社員が理解し、実践できるようにするためには、わかりやすく、具体的な表現にしなくてはいけない。事務所やお店では、よくスローガンや心構えといったことが掲示してあるが、実際そのとおり社員が、店員が行動しているかというと、ちょっと疑問が残るケースが多い。

あなたの会社は大丈夫?

s-DSC00142 ちなみに、インターネットで予約するとちょっとしたプレゼントがある。いくつかの中から選べるようになっていて、いつもは靴下なのだが、今回はこんなものを選んでみた。

おっと、これから朝食(おにぎり、味噌汁、コーヒーのサービスがある)を食べて出かけなくては。急げ~!

ランキングに1票よろしくお願いしますbanner_03

|

« 説明会という名の棒読み会。ただただ苦痛なだけ | トップページ | 少年野球チームの卒団式。もうハンカチが手放せません »

コメント

どもども、ガッツさん。
リクエストにお応えいただき、東横インの宿泊レポートありがとうございます。やはり好奇心旺盛なガッツさん、きっとあると思ってましたよ。ではでは。(^^)v

投稿: 遠田幹雄 | 2006年2月19日 (日) 01時12分

僕も先日大阪梅田の東横インに泊まってきました。
ホテル自体は良いところですね。
1Fロビーでネットできるし、各部屋にLAN配線してあるし、
部屋は狭いけど宿泊費はすごい安いし。

それでもあの記者会見を思い出すと、もう利用したくないなあ…という気分です。
開き直り会見もびっくりですが、その後の謝罪会見での変貌ぶりもびっくり。

2回目の会見でさらに信用できなくなりました(笑)

投稿: たつや | 2006年2月20日 (月) 08時39分

遠田さん

大したレポートじゃなくてすいません。社長で企業イメージを失墜させてしまっていますが、ホテル自体のコストパフォーマンスは優れていると思います。やはり朝食付きであの値段は魅力です。

────

たつやさん

たしかに・・・
最近は企業のトップが自ら広告塔になっていることが多いのですが、一歩間違えるとこんなことになるという悪い見本ですね。俺はビッグだ!と言って芸能界から消えていった某スターと同じ道を歩むのか注目です。

投稿: GUTS | 2006年2月20日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今話題の東横インに泊まってみました。社長さんは○○を体験してたんですね:

» 東横イン金沢駅東口、問題の3箇所はすでに修正済み、早っ! 遠田は東横インが今後CSR経営をできるかどうかに注目したい [遠田幹雄です。ドモドモ(^^)v]
今、一番話題のビジネスホテル。東横イン。確信犯的な法律違反改造をして一躍有名になった。東横インのホームページには、今後法令遵守経営を行うという旨が表示されていた。コンプライアンス経営宣言である。さて、... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 01時14分

« 説明会という名の棒読み会。ただただ苦痛なだけ | トップページ | 少年野球チームの卒団式。もうハンカチが手放せません »