« 経営革新計画のストーリーがやっとできあがった。ちょっと視点を変えるだけで良かったんだよね。 | トップページ | 働くということを考える時期にきているのかな »

やっぱり大型投資は慎重に。でもやりたいものはやりたいんだよね

数年前にグングン伸びていた企業がある。経営者夫婦にもやる気がみなぎっていた。

しかし・・・

電話があって、相談したいと。

話を聞いてみると取引先の企業の撤退に伴って、自社も撤退を余儀なくされたという。売上は激減。それだけならまだいいのだが、進出したときに大型の設備投資を行っていた。つまり多額の借金が残ってしまったのだ。

経営の場面は決断の連続だ。そのときそのときにどんな決断をするか。
特に大型の投資に絡むものは慎重な判断が必要だということは誰でも知っている。しかし、思いも寄らぬ良い話が舞い込んできたら・・・

つい、その話に乗ってしまった。
当然そのときはこんなことになろうとは思いもよらない。

やっぱり前兆はあったのだ。それも伝わっていたはず。
でも「やってみたい」という誘惑には勝てなかった。

結果、大きな負債を抱えて再度経営計画を練り直さなければならなくなった。しかも持参してきた利益計画ではとんでもない利益が出るような計画になっている。

ありえねぇ~

これじゃ、銀行や保証協会に持っていけないよ。再度検討し直し。

やるっきゃないね。

ランキングに1票よろしくお願いしますbanner_03

|

« 経営革新計画のストーリーがやっとできあがった。ちょっと視点を変えるだけで良かったんだよね。 | トップページ | 働くということを考える時期にきているのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり大型投資は慎重に。でもやりたいものはやりたいんだよね:

« 経営革新計画のストーリーがやっとできあがった。ちょっと視点を変えるだけで良かったんだよね。 | トップページ | 働くということを考える時期にきているのかな »