« 一体何を頼りに仕事すればいいの?ここまで縦割りだと機能しないよ | トップページ | 極寒の中の冬のフェスティバル。でも雪があって良かったよ »

集団と組織、さて商工会はどちらでしょう

商工会は「商工会法」(S35.5.20)に基づいて都道府県知事の認可によって設立された公益法人であり、「その地区内における商工業の総合的な改善発達を図り、あわせて社会一般の福祉の増進に資すること」(商工会法第3条)を目的としている。

なんとも広大な目的である。
要は「何でもやれ」と言っている。
こうなるとどうしても力が分散してしまい、結局何も成し遂げられなかったということになりかねない。

私は、この目的の中でも、今は

「地区内における商工業の総合的な改善発達を図る」

ことに集中すべきだと主張している。
地域発展のために商工業者の果たす役割は大きいと考えているので、まずは、商工業者自身の経営が安定することが先決だということである。改善すべきところは改善し、伸ばすところは伸ばすといった経営支援に重点を置く。

あわせて、後継者不足などで市場からやむなく退場する企業が後を絶たない現状では、地域での起業促進にも力を注がなくてはいけない。これだけでも大変な仕事になる。

でも何に集中するかはもしかしたら地域によって違うのかもしれない。商工会と一口に言っても地域によって考え方がバラバラでなんの統一感もない。面白い組織である。

ちょっとここで、「集団」と「組織」について調べてみた。

集団:なんらかの相互関係によって結ばれている人々の集まり。

組織:一定の共通目標を達成するために、成員間の役割や機能が分化・統合されている集団。

さて、商工会は組織?それとも集団?

もしかして実質は単なる集団なのかも


応援クリックお願いします
banner_03

|

« 一体何を頼りに仕事すればいいの?ここまで縦割りだと機能しないよ | トップページ | 極寒の中の冬のフェスティバル。でも雪があって良かったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集団と組織、さて商工会はどちらでしょう:

« 一体何を頼りに仕事すればいいの?ここまで縦割りだと機能しないよ | トップページ | 極寒の中の冬のフェスティバル。でも雪があって良かったよ »