« 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? | トップページ | 創業したいという方が相談にみえた。どことなく様子がおかしい。何かに怒っているようだ。 »

経営革新計画を作成する。革新性を訴えるストーリーづくりに四苦八苦

経営革新計画の申請書類を作成した。大まかなストーリーと利益計画、投資計画と返済計画を検討。

中でも、革新性を訴えるストーリーづくりに結構時間がかかってしまった。肝の部分だけにここの訴求力が重要なので、丁寧に文章を作り上げた(つもり)。

石川県では、「革新性」と「市場性」を重視するので、この2つを外すと審査会に通らない。特に革新性は同じものが存在しないことが条件だけに、似たようなものがあると思われるとそこでアウト。

市場性を重視するのは、経営革新計画の認定企業が倒れてもらっては困るという理由からだ。経営革新する目的はあくまで企業の成長発展の足がかりとなることが前提だからね。当たり前と言っちゃあ当たり前の話だ。

メーカーが自社でオリジナル商品を開発する場合は、比較的革新性は得られやすいが、今度は市場性、つまりどのチャネルでどのように販売していくのか、売上の根拠を示さないといけない。

下請製造業、卸売業など自社で商品開発できない場合はちょっと厄介だ。以前のようにITだ、ISOだという流行の手法を導入するだけで革新性が認められた時代とは違って、一つのことだけではなかなか他社と差別化できる要素にはなりにくい。

結局、複数の要素を組み合わせて差別化を図ることになる。これは何度も検討しながら、たまにはお酒を飲みながら、あれこれ話しているうちに形になってくる。

「おっ、これいいね。じゃあ経営革新の認定をもらおう」

なんて簡単にはいかないのが実情。

「そこから、もう一ひねり」

あきらめずに考え抜くことでアイデアが生まれる。
今回はビジュアルで革新性を説明しなくてはいけない。図式を描くだけで時間がかかりそう・・・

ランキングに1票よろしくお願いしますbanner_03

|

« 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? | トップページ | 創業したいという方が相談にみえた。どことなく様子がおかしい。何かに怒っているようだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営革新計画を作成する。革新性を訴えるストーリーづくりに四苦八苦:

« 設備投資決定!さてどこの金融機関を使えばいいの? | トップページ | 創業したいという方が相談にみえた。どことなく様子がおかしい。何かに怒っているようだ。 »