« 意欲的なのはいいが、大風呂敷を広げてもすべてをこなすのは困難。なので優先順位をつけて取り組むべき | トップページ | 毎年恒例のサンタクロース・プロジェクト。でもとうとう今年限りか・・・ »

「ツイている」「運がいい」人になるには簡単な法則があった。それは・・・

DSC00065 とっても良い小冊子と出会えた。

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」

である。
胡散臭い宗教のものではない。五日市 剛氏の講演をテープで録り、そのテープを起こして作成されたものだ。

この小冊子は、五日市さん自身が「ツイている」人生を歩むきっかけになった、イスラエルでのおばあさんとの出会いから、自分の周りに起きた不思議な出来事を綴った講演録である。

伝えたいのは「言葉の大切さ」

普段何気なく使っている言葉がその人の人生をつくっているということ。

「バカヤロー」
「クソッタレー」
「てめぇ」
「死んでしまえ」

こういう汚い言葉を使っているとそういう人生を歩むことになるという。コワイ話である。

あと絶対に言っちゃいけないのが「人の悪口」。一人でいるときに言ってもダメ。人を怒ってもツキは逃げてしまうという。

言葉には魂がある

ツキを手にしたければツキを呼び寄せる言葉を使わなくてはいけない。

「ありがとう」
「感謝します」

この2つがツキを呼ぶ魔法の言葉である。
いついかなるときも、どんな困難にあっていても、

「ありがとう」
「感謝します」

ということで不幸の連鎖が断ち切れる。

「災い転じて福となす」のである。

早速実践していきたい。

良い小冊子と巡り合って、本当に感謝します。ありがとう。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけるとうれしいです。
最新のランキングはこちらから

|

« 意欲的なのはいいが、大風呂敷を広げてもすべてをこなすのは困難。なので優先順位をつけて取り組むべき | トップページ | 毎年恒例のサンタクロース・プロジェクト。でもとうとう今年限りか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ツイている」「運がいい」人になるには簡単な法則があった。それは・・・:

« 意欲的なのはいいが、大風呂敷を広げてもすべてをこなすのは困難。なので優先順位をつけて取り組むべき | トップページ | 毎年恒例のサンタクロース・プロジェクト。でもとうとう今年限りか・・・ »