« 表現の仕方 | トップページ | 自分の首を絞めている »

あいさつの素晴らしさ

飲食店の経営者に経営改善提案のプレゼンを行った。
プレゼンの目的は提案を受け入れてもらうというよりも経営者に考えるきっかけを与えようというもの。

仕入れについて、来店頻度の向上について、メニューの見直しについて、店舗の改装について…

いろんな意見交換ができ有意義なプレゼンになった。経営者のやる気につながってくれるといいな。すぐできることから手がけていって欲しいと思う。

その後、セミナーを受講してきたのですが、これがまた良かった。組織活性化がテーマ。新潟の中小企業で素晴らしい業績を上げている印刷業の経営者が講師であった。

その会社は、「あいさつ」「元気な声」「笑顔」が会社の風土になっている。こう書くと簡単なことのようだが、これを全社員が徹底するとなると…

特に「あいさつ」の素晴らしさを再認識させられた。
あいさつするという事は、その人の存在を認めるという意思表示をすること。これが最低限のコミュニケーションなのだ。

たかが「あいさつ」、されど「あいさつ」である。

051206-22541974歳の社長さんでしたがすごくエネルギッシュ。それでいて温和な雰囲気も醸し出している。元気勇気を分けてもらった。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓

クリックありがとうございます

最新のランキングはこちらから

|

« 表現の仕方 | トップページ | 自分の首を絞めている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいさつの素晴らしさ:

« 表現の仕方 | トップページ | 自分の首を絞めている »