« 社長は何やってんの? | トップページ | 蔵王に来てます »

コスト削減の考え方(1)

現在はデフレ経済下にあるので、一般的に売上金額を向上させるのは困難だといえる。したがって、経営を安定させるには、まずはコストを下げることを検討しなくてはならない。

コストを下げろ!というと、どうしても最初に人件費に目が向く。残業代や賞与のカット、各種手当ての見直しなど。なぜ人件費かというと一番簡単な方法で、効果がすぐに表れるからだ。

でも、人材に大ナタを振るう前に検討していただきたいのは、原材料の仕入価格を下げる、そしてオペレーションの見直しである。コストを下げる目的はただひとつ。利益を創出するためだ。

損益計算書を見てみよう。この中で利益と名が付くものを順に挙げると、

  • 売上総利益(粗利益)
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益

となる。儲かるかどうかは、それぞれの利益をより多くするような活動ができているかどうかにかかっている。

まず、最初に取り掛かるのは粗利益の向上だ。粗利益は売上高から原材料を差し引いたもの。売上を横バイと仮定すれば、粗利益を向上させるには、原材料を下げることが必要だということがわかる。

  • 数社からの仕入をまとめて1社に絞る
  • 現金払いにする
  • 新たな仕入先を開拓する

このような取り組みで仕入コストを見直す。もちろん、商品の質を落としてはいけないのは言うまでもない。

明日に続く。

Amm049_1 今日は息子の野球の大会なんですが雨の予報。明日も雨みたいだしとっとも残念・・・。

人気blogランキングへ

|

« 社長は何やってんの? | トップページ | 蔵王に来てます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスト削減の考え方(1):

« 社長は何やってんの? | トップページ | 蔵王に来てます »