« 低金利で借りる | トップページ | 経営革新計画承認! »

ついで買いと目的買い

自分の味に絶対の自信があるのはいいことだ。しかしそれとお客様が買いに来てくれるのとは、また別の話・・・。

「味は負けていないはず」

たい焼き店を営業するT氏は何度も強調する。独自の製法でどこにもないたい焼きがつくれるという。そして今回、路面店で勝負したいと言ってきた。

実は、今まで食品スーパーのテナントとして営業していた。テナント料が年々上昇してきて、こんなことなら自分で店を出したほうがいいと判断したらしい。そして店舗の賃借費用、改装費用等の資金調達を行いたいと言う。

しかし、私は待ったをかけた。理由は以下の2点にある。

  • 味が良いか悪いかは消費者が判断すること
  • 試算している売上高の根拠がイマイチ説得性に欠けること

このままでは減額されるか、最悪融資してもらえない可能性がある。
まず、新しい味が受け入れられるのかもう少しリサーチする必要があるだろう。また、今まで食品スーパーのテナントであったため、集客する必要がなかったが、独立店舗となると話は別。自分で集客しなくてはいけない。しかも、わざわざたい焼きを買うためだけに来店してもらう必要がある。つまり、今まで「ついで買い」であったのが「目的買い」になるお客様の立場に立てば相当な労力が必要なことは理解できるはずだ。

T氏には、現在独立店舗で営業しているたい焼き店のリサーチと、知人、友人などに新しいたい焼きを食べてもらい感想を聞くことを勧めた。もちろん、聞いた感想を鵜呑みにして味を変えることを勧めているわけではない。しかし、明らかに反応が偏ればそれを参考にして微調整が必要になるだろう。

でも、私は美味しく食べました(^^)
この味を目に見えるように表現する(演出する)ことが必要だね。

051007060841 昨日は、中小企業基盤整備機構北陸支部主催による新会社法のセミナーが金沢で開催されたので出席してきました。70~80人くらい参加していたでしょうか。会場は超満員。関心の高さがうかがえますね。

人気blogランキングへ

|

« 低金利で借りる | トップページ | 経営革新計画承認! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついで買いと目的買い:

« 低金利で借りる | トップページ | 経営革新計画承認! »