« 続たこ焼き店で独立 | トップページ | 視点を変える »

今度は古着!?

なぜか開業相談が続いています(^^;

今度は、古着店をやりたいという若者が2人で相談に来ました。ひとりは開業者で、もう一人は付き添いでしょうか。友達のようでしたが・・・。

どうやったらお金を借りられるか教えて欲しいんですけど

開口一番こんな言葉が。ちょっと待ってよ~って感じですよね。お金を借りる云々の前に、どんな商売がしたいのかというのが先でしょう。

「古着屋をやりたいんです」

・・・ってそれだけ?もっとこうどんな店にしたいとか、こんな人に買いに来てほしいとか、こんな品揃えをしたいとか、そういう話が聞きたいんだけど・・・。

「あんまり難しい話より、お金を借りるにはどうしたらいいのかが知りたいんです」

隣の付き添いの方が横ヤリを入れてきた。たしかに難しく聞こえるかもしれないが、逆に何の考えもなしに商売を始めてうまく言ったという話は聞かない。しかもお金を借りようということなので、その人がどんな考えで何をしようとしているのかを聞かないと融資はしてあたらない。

こんな話をさせてもらった後、開業届を税務署に提出してから、その控えを持って金融機関に行き、屋号入りの通帳を作成してもらうこと(開業届の控えがないと事業用の通帳は作成してもらえない)や会計処理について説明。

そして、今回は国民生活金融公庫の開業資金を利用することを薦めた。自己資金がほとんどない状態なので、石川県の創業支援融資は利用できない。保証人が必要となるが、親が保証人になってくれるらしい。別世帯であれば、第3者の保証人とみなされ金利が1.55%(現在)となるが、同居であれば金利が1%上乗せ(年収にもよる)される。

最後に、事業計画作成ワークシートを渡して内容を簡単に説明し、できるだけ埋めてくるように伝えた。

本当は、相談はその当事者のみで来てほしい。第3者が入ると話しにくいこともあるし、変に構えてしまうということもある。金融機関との交渉も当然一人で行うのがいい。

050929152622_1 北陸新幹線の橋げたです。下から見上げるととっても高~い。だって高速道路の上を走るんですから・・・。まずは金沢駅までということで、開通すると東京-金沢間が2時間30分で結ばれることになる。小松空港から航空機を利用するよりトータルで1時間以上短縮されると思う。

人気blogランキングへ

|

« 続たこ焼き店で独立 | トップページ | 視点を変える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は古着!?:

« 続たこ焼き店で独立 | トップページ | 視点を変える »