« 営業プロセス | トップページ | 続たこ焼き店で独立 »

たこ焼き店で独立

これからたこ焼き店を始めようというT氏の相談を受けた。現在は、スーパーマーケットの敷地内で店舗展開している会社で、そのうちの1店舗を任されている。ここで数年修行してきたが、報酬はオーナーから売上の○%というかたちで貰っている状態ではっきり言って割が合わないという。そして自分が提供しているたこ焼きを美味しいと言ってくれるお客が増えてきたことから、自分でやれる自信がついたということらしい。

「とにかく自分の味には自信があるんです。他店に比べても絶対に負けない自信はあります」
それはすごいですねぇ。では、Tさんのたこ焼きは、何で美味しいと言えるんですか
「えっ・・・、いろいろな粉の配合を考えてまして・・・、あっ、自分はあっさりしたのが好きなもんで・・・、う~ん具体的に答えようとすると難しいものですね」
それじゃあ、Tさんのたこ焼きと、他店のたこ焼きはどこが違うんですか?
「やっぱり粉ですかね。他店は市販のミックス粉を主に使っているんですが、自分は独自で配合しようと考えています」
それはいいことですねぇ。今のお店でもやっぱりお店独自で粉の配合をされているんですか?
「そうですね。でもまだ不十分だと思っています。このたこ焼きでも売れるんなら、自分が考えているたこ焼きのほうが売れると思いまして・・・」

確かにT氏のつくるたこ焼きは美味しいのかもしれないが、実のところ、お客様は現在のお店の看板に対してお金を払っているのではないだろうか。もしそうなら、T氏は明確にこれらの店と差別化しないと、お客様からみて選ぶ理由がないことになる。はっきり言って、このまま独立しても先が見えているような気が・・・。

競争相手がひしめくリングに上がったら、競争相手よりもよほど優れたパンチを持っていないと倒していくことは困難だ。できれば競争相手が存在しない、もしくは限りなく少ないリングに上がることを考えてみてはどうか。

明日に続く。

050928-212429 知人から、キャッチャーミットをもらいました。普通のグラブは持っているのですが、息子が学童野球のピッチャーをしているのでキャッチボール用にキャッチャーミットがほしいなと思っていました。これで息子とキャッチボールするのがまた楽しくなりそうです。

人気blogランキングへ

|

« 営業プロセス | トップページ | 続たこ焼き店で独立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼き店で独立:

« 営業プロセス | トップページ | 続たこ焼き店で独立 »