« たこ焼き店で独立 | トップページ | 今度は古着!? »

続たこ焼き店で独立

昨日の続き。

競争相手が存在しないリングなんてあるのか!
と思われるかもしれない。お察しのとおり探してもまず見つからないだろう。厳密にいうと探すのではなく創り出すしかない。

例えば今回のたこ焼き店の場合、味が最大の差別化の要因になる。当然美味しいことが前提となるが、ただ、自分で美味しいと言っていても意味がない。何をもって美味しいと言えるのかを明確にしておかなくてはいけない。

自分が美味しくないと思っている店でも存在している例は多い。それは、その味がいいというお客様が存在するからだ。要は、味というのはその人の好みの問題なのである。極端にいうと同じ人でもその日の気分で違うこともある。

味とひとことで表現してもこんなに当てにならないものなのだ。人が美味しいと感じる味は、実は幼いころから慣れ親しんだ味であることが多い。基本的にそれ以外は口に合わないということになる。お客様みんなの慣れ親しんだ味を情報収集することや、例えわかったとしてもそれぞれに対応することなど不可能に近い。

味で別化しようとすれば、現在存在しない味を創り出すしかない。世のお客様が「え~っ!」と衝撃を受けるような味だ。万人に受けようとしてはいけない。こんな人のための味という位置づけだ。そしてなぜこんな味なのか、この味はどうしてつくられているのかを視覚で訴えるのだ。新規参入ではまず存在意義を示さないといけない。

このようなことをT氏には気づいてもらい、早速、素材選びからレシピの作成、店舗計画について考えてもらうことになった。どんなプランを持ってくるか楽しみです(^^)

050930-053331 息子が所属する学童野球チームの練習に顔を出しました。もう6時ごろには暗くて照明をつけなくてはいけない状態ですね。練習では、バッティング練習の投手と守備練習のノッカーを務めました。少年野球に接することが私の元気の素になってます。

人気blogランキングへ

|

« たこ焼き店で独立 | トップページ | 今度は古着!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続たこ焼き店で独立:

« たこ焼き店で独立 | トップページ | 今度は古着!? »